とある街の、小さな時計職人(オルロジェ)。

とある街の、小さな時計屋(オルロジェ)。

私の見てる世界は本物ですか?

私の中にある想いは本物ですか?

私の真実(ほんとう)は本当に本物ですか?

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

──ある日、私の元にやって来た一つの懐中時計。

十何年ぶりの修理の依頼。

私はとある街の、小さな時計職人(オルロジェ)。

そこにいる、本当のキミに会いたいな。

このお話に正解はありません。不思議なひとときを心のままにお楽しみ下さい。──兎禾。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

──止まったままの、懐中時計

私はそれを受け取って。

いつも通り、ネジを外して分解すれば。

欠けた歯車を入れ替えて、油を差して、重ねた指でゼンマイを巻く。

音を立てずに動き出した時計の針は、ただ前へと、前へと進んでく。

右回り。

追いかけて、追いついたら、また追い越して。

同じ場所を通ってグルグルと。

その場所に、一度しかないこの瞬間(とき)を何度も重ねて。

時計の針は、形のない「時間」を今に描いて、懐中時計の中に閉じ込める。

…………

……タク。

チクタク。

チクタク。チクタク。

ここにない「音」。

瞳を閉じて、耳をすませば、私の中で、音のない世界に音は生まれるの。

Picrewの「なんとかメーカー(仮)」でつくったよ! https://picrew.me/share?cd=RjenPjjgr2 #Picrew #なんとかメーカー仮

ゆっくりと、流れ続けるこの場所で。

視線を逸らした、数秒間。

瞳を開けて視線を戻した先で、時計の針は一瞬止まって見えた。

そう、きっとそれが真実。

私の目では追えない間隔で、確かに時計の針は一瞬止まってる。

だけどそれを私は認識出来なくて。

止まった針を、私の頭は動いていると、私に言う。

私の頭は予測して、そうであるだろうと、あるべき答えを、私に言う。

だから私はそうであると頷いて。

私はあるべき答えを、心に描いて、理解する。

それはきっと、これから先も変わらずに──

辿り着くことの出来ない、真実(ほんとう)の世界がそこにはあるの。

Picrewの「なんとかメーカー(仮)」でつくったよ! https://picrew.me/share?cd=RjenPjjgr2 #Picrew #なんとかメーカー仮

心は、いつでも「何か」に「何か」を重ねてる。

彼は誰(かはたれ)時には心躍らせ希望を抱いて。

黄昏時には心は憂い明日を失くす。

私の中で、確かに引き合う、想いと心。

流れる世界で、映る景色はもう無垢なままとはいかないけれど。

いつも歪んで届く景色は、想いを重ねて作る、私の世界。

偽りだらけの本当の世界が、ここにはあるの。

──それならね。

私の頭が追いつく前の、ほんの一瞬。

左の胸と頭の丁度中間に。

目に映って頭に届くまでの時間の中に。

私の知らない、真実(ほんと)の本当は詰まってる。

まるで不思議の国の住人みたいに。

私はいつも世界を彷徨って、そこで真実(ほんとう)を探してる。

動き続ける時間の中で、変わり続ける私の中で。

目に映る全てが歪んだ世界の中で。

私の真実(ほんとう)は本当に本物ですか?

何が正しいかもわからなくなったこんな世界で。

例えばそれを言葉にするなら。

そう、この世界の全てはきっともう、私の夢で出来ている──。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

──ある日、私の元にやって来た一つの懐中時計。

十何年ぶりの修理の依頼。

私はとある街の、小さな時計職人(オルロジェ)。

そこにいる、本当の私に会いたいな。

※当コンテンツの全ての画像は著作権法32条に基づいて使用しております。万が一使用内容に不手際がある場合は依頼主様の申し出に従い即座に対応致します。

コメント

  1. ★Lakma★ より:

    この世界は全部夢で出来ていて、
    いつかそれに気づき本当の自分を見つけられるのでしょうね!

  2. uka より:

    ★Lakma★さんへ。
    コメント、ありがとうございます。
    嬉しいです。
    そうですねぇ、確かにです。
    この世界は全て夢で出来ている、なんて少し突拍子もないような発想ですけれど、そうすることで自分を見つけるきっかけになればと私も思います。

タイトルとURLをコピーしました